タグ別アーカイブ: 知念 実希人

読書アイキャッチ

『天久鷹央の推理カルテIV: 悲恋のシンドローム 』 著:知念 実希人

takao4

知念実希人さんの『推理カルテ』シリーズの最新作となります。

3作の連作集と1作の長編を経て、天久鷹央シリーズ連作集の第4作目が刊行されています。

このシリーズは、「医療」をテーマにしたミステリー小説です。

医療をテーマにすると、医療過誤や医療裁判、臓器売買などという血なまぐさい題材が選択されがちで、比較的医業の闇を暴くスタイルの作品が多いなか、文庫のレーベルや透明感のある表紙からも分かるように、非常に軽い切り口で医療を扱った作風です。

爽やかな読後感。

 主人公は、若手医師。
 どうミステリーに繋げていくのかというと、彼の上司が非常に特殊な人物なのです。

 天久鷹央。
 彼女は、二十代で総合病院の副院長を務め、『統括診断科』に属し、病名不詳な患者さんや、厄介な患者さんを専門に診察しています。その厄介な患者さんが連れてくるのが、病気だけではなく『謎』だったりして、天久鷹央は『謎』が大好物だったりするのです。

 探偵助手もののミステリーとしてはオーソドックスな設定ですが、舞台が病院なので起こる事件も比較的真新しい切り口のものが多く、新鮮。

 普通のミステリー小説では、過去の名作の類似手法で筋道に推測が立つような作品もありますが、医療現場でも珍しいような症状を題材にされると、読者側は想像に難いので、なんというか、少しアンフェアな感情を抱きつつも、先の展開が気になってくるという居心地の悪さに包まれます。

 医療をテーマにしただけあって深く考えさせられる重い話もあり、本作の『瞬間移動した女』は、性を扱った繊細かつ重厚なものでした。ミステリーとしての完成度も高く、人気が高いのもうなずけます。

 天才だけど欠点の多い鷹央と、嫌々ながら鷹央の謎好きに巻き込まれていく主人公。キャラクター的としても魅力的で、長く続いて欲しいシリーズの一つです。

オススメ度 ☆☆☆

読書アイキャッチ

『スフィアの死天使 天久鷹央の事件カルテ』 著:知念 実希人

外科医を辞め、内科医としての修業を積むべく、天医会総合病院の門を叩いた小鳥遊優は、そこで運命的な出会いを果たす。天久鷹央。空気を読めず、人とのコミュニケーションに難がある彼女は、しかし日本最高峰の頭脳を持つ天才女医だった―。宇宙人による洗脳を訴える患者。謎の宗教団体。そして、院内での殺人。鷹央と小鳥、二人の出会いを描いた長編メディカル・ミステリー。

知念実希人『天久鷹央の推理カルテ』シリーズの最新刊が文庫書下ろしで発売されています。
本作は、短編集となる『推理カルテ』シリーズの0巻にあたる作品で、シリーズでは初の長編ミステリです。

医療×謎の新感覚メディカルミステリーを標榜する本シリーズ。
本作では、主人公となる医師・小鳥遊と、天才診断医・天久鷹央の出会いが描かれます。

20代にして総合医院の副院長を務める天才にして、幼い頃からアスペルガー症候群に悩まされ続け、医院でも煙たがられている鷹央。
これまで部下についた者は、鷹央に付いていくことができず、途中でリタイアする者ばかり。
そんな事情も知らずに新たに派遣されてきたのが、元内科医の小鳥遊。
当然上手くいくはずがない・・・といったところから物語はスタートします。

院内で起こるショッキングな殺人事件、宗教結社の陰謀、病院内で暗躍する悪徳医師など長編なだけあって内容はてんこもり。
なかなか濃い一冊です。

従来の『推理カルテ』シリーズのライトさ、テンポの良さが失われてしまった気がしないでもありませんが、これはこれで見所はあるかなぁと思います。
ただ、新感覚メディカルミステリーというよりかは、既存のミステリの枠内に収まってしまったような内容になってしまったかなとも。
その点は少し残念。

個性豊かなキャラクターは揃っています。
読み口の軽さを売りにするのなら、もう少しテンポ良くしても良かったかなと思ったり思わなかったり。
従来のミステリとの差別化が図れませんしね。普通の本格ミステリにしては物足りませんし。
駄目というわけではありませんが、個人的には短編集のほうが楽しめました。

オススメ度 ☆☆☆

読書アイキャッチ

『天久鷹央の推理カルテⅢ:密室のパラノイア』 著:知念 実希人

密室殺人。犯人は、病気(アイツ)だ。呪いの動画によって自殺を図った女子高生。男性に触れられた瞬間、肌に異常をきたす女性。そして、密室で溺死した病院理事長の息子……。常識的な診断や捜査では決して真相にたどり着けない不可解な事件。解決できるのは、怜悧な頭脳と厖大な知識を持つ変人女医・天久鷹央(あめくたかお)、ただ一人。日常に潜む驚くべき“病”と事件の繋がりを解明する、新感覚メディカル・ミステリー第3弾。

続きを読む

読書アイキャッチ

『天久鷹央の推理カルテII:ファントムの病棟』 著:知念 実希人

その病気(ナゾ)、命にかかわるぞ? 炭酸飲料に毒が混入された、と訴えるトラック運転手。夜な夜な吸血鬼が現れる、と泣きつく看護師。病室に天使がいる、と語る少年。問題患者の巣窟たる統括診断部には、今日も今日とて不思議な症例が舞い込んでくる。だが、荒唐無稽な事件の裏側、その“真犯人”は思いもよらぬ病気で……。破天荒な天才女医・天久鷹央(あめくたかお)が“診断”で解決する新感覚メディカル・ミステリー第2弾。 続きを読む

読書アイキャッチ

『天久鷹央の推理カルテ』 著:知念 実希人

統括診断部。天医会総合病院に設立されたこの特別部門には、各科で「診断困難」と判断された患者が集められる。河童に会った、と語る少年。人魂を見た、と怯える看護師。突然赤ちゃんを身籠った、と叫ぶ女子高生。だが、そんな摩訶不思議な“事件”には思いもよらぬ“病”が隠されていた…?頭脳明晰、博覧強記の天才女医・天久鷹央が解き明かす新感覚メディカル・ミステリー。

  続きを読む

読書アイキャッチ

『仮面病棟』 著:知念 実希人

療養型病院に強盗犯が籠城し、自らが撃った女の治療を要求した。事件に巻き込まれた外科医・速水秀悟は女を治療し、脱出を試みるうち、病院に隠された秘密を知る―。閉ざされた病院でくり広げられる究極の心理戦。そして迎える衝撃の結末とは。現役医師が描く、一気読み必至の“本格ミステリー×医療サスペンス”。著者初の文庫書き下ろし!

続きを読む