タグ別アーカイブ: 大黒 尚人

ラノベ

一言感想『フルメタル・パニック!アナザー11』 著:大黒 尚人

フルメタA11

賀東招二氏によるオリジナル『フルメタル・パニック!』のスピンオフ『アナザー』の最新刊が刊行されています。

実際の執筆は別の方が担当されておられるようですが、オリジナルの重厚かつSFライクな世界観を壊すことなく、無事11冊目の刊行となっています。

ともかく戦争モノのライトノベルなので、専門用語が多く取っ付きにくい感じは拭えないものの、分かりやすいストーリーと恋愛模様を絡めたバランスの取れた作品なのです。

まぁ、専門用語が多いといっても、近年は異世界ファンタジーというジャンルが幅を利かせているわけで、数多登場する造語を理解するよりは遥かに楽な気もしますが。

民間軍事会社の傭兵として、アームスレイブ(AS)に乗って戦場を駆ける生活に迷いをもっていた主人公の達哉。前巻までのお話で、敵の攻撃により致命傷を受け、本隊からも引き離されるという状態から、何とか隣国へ保護を求めた、という状況(だったかな?)。

本作は、争いの渦中にあるガルナスタンの長オルカン・アタエフ軍の侵略行為を止めるべく、米ネイビーの助力を得て行う鎮圧戦の様相を呈しています。というわけで、オルカン軍(オルカン、ミハイロフ、ヨナタン・クルピンスキー他悪役サイド)VS D.O.M.S(達哉、菊乃、アデリーナ、ユースフ他主人公サイド)という分かりやすい構図。

M9やベヘモスといった『オリジナル』でキーとして描かれたものが、本作でも次々と登場し、ついにラムダドライバも登場。『アナザー』シリーズとしては、ほぼほぼクライマックスのようですね。

達哉も、どちらを選ぶか心に決めた様子で恋の決着も着きそう。ラストにかなり不穏な表現があるものの、これから日本へ帰還して最終戦という流れを想起させられました。

小さくまとまった感じで悪くないとは思いますが、『オリジナル』と比較すると、主人公たちに絶望度がない、というか『オリジナル』は一歩間違うと死、という緊張感・やばさがもっとあったような気がします。同じような立ち位置にいる主人公を狙う悪役にしても今回の”ミハイロフ”はかなりあっさりめ。”ガウルン”はかなりのやばさが伝わってきたものでしたが。
そういう意味ではもっと思い切って書かれても良いのかなぁと思ったり思わなかったり。

ラノベ

一言感想『フルメタル・パニック!アナザー9』 著:大黒 尚人

南カフカスの小国、コルキス共和国。ソ連崩壊と共に独立したこの国は当時、ロシアを後ろ楯とした少数民族との内戦に揺れており、その混乱の中に彼女―アデリーナ・アレクサンドロヴナ・ケレンスカヤは民兵として参加していた。そんな混沌とした政府軍への教導のため、コルキスに派遣された民間軍事会社D.O.M.S.の社長メリッサ・マオは戦場で反政府軍兵士の少女と、数奇な出会いを果たす。「わたしは勝てない相手だろうと、負けるわけにはいかない」今こそ語られる、彼女の知られざる根源とは―!?千変万化のSFミリタリーアクション、追憶挿話!

続きを読む

ラノベ

一言感想『フルメタル・パニック アナザー8』 著:大黒 尚人

舞台は決戦の地へ―
『カエサル・プロジェクト』を追って新生D.O.M.S.は、旧ソ連のガルナスタン共和国にたどり着いた。
そこで達也とアデリーナは、この国の若者たちと思わぬ邂逅をとげる。
ガルナスタン大統領の息子オルカンと、その友人ソラヤ―祖国の明日に惑う青年たちとの束の間の交流をよそに、世界は激しく揺れ動いていた。
中央アジアの荒涼たる大地に交差する、理想、野心、そして愛。錯綜する謀略は、戦火を加速させていく。愛別離苦のSFミリタリーアクション、終演序曲!!

続きを読む

ラノベ

一言感想『フルメタル・パニック!アナザー7』 著:大黒 尚人

カルパチアの戦闘で旭を撃ち、その引き金の重さに苦悩する達哉。アデリーナやクララ、ユースフたちD.O.M.S.の仲間も、今はそんな彼を見守ることしかできない。そして最愛の弟を失った菊乃もまた、孤独の中で自身の弱さや脆さと向き合っていた。だがそんな少年たちをよそに、世界は危険な方向へと動き始めていた。中央アジアの紛争で投入された無人AS“ケントゥリア”の存在は、米ロ両大国の均衡すら揺るがそうとする。激動への予兆の中、D.O.M.S.が得た新たな力とは?不撓不屈のSFミリタリーアクション、一意専心!!

続きを読む