タグ別アーカイブ: 上遠野 浩平

ラノベ

『ブギーポップ アンチテーゼ オルタナティヴ・エゴの乱逆』 著:上遠野 浩平

BP19

『ブギーポップ』シリーズの第19作目、『オルタナティヴ・エゴの乱逆』が発売されています。

上遠野浩平といえば、その全ての作品の世界観が絶妙にリンクしつつ、セカイ系と呼ばれるいちジャンルを築いたライトノベル作家。


第1作『ブギーポップは笑わない』(電撃文庫)に始まった『ブギーポップ』シリーズは、その本流であって全ての起点です。

現在は『ブギーポップ』『ビートのディシプリン』『奇蹟使い』『ヴァルプルギスの後悔』『螺旋のエンペロイダー』『ナイトウォッチ』『事件シリーズ』『しずるさん』『ソウルドロップ』など数々のシリーズが刊行されていますが、本流の最新刊は2014年11月以来。待たされました。

本作では、主人公(?)たる死神・ブギーポップが幾度も登場します。従来のシリーズでは、思わせぶりに登場し、「世界の敵」を刈り取って泡のように消えていく登場スタイルが多かったのですが、序盤からしゃべるしゃべる。

理由は分かりませんが、本作における主人公が、過去作に登場した二人であるというのも影響しているのかもしれません。

織機綺(オリハタアヤ)と谷口正樹。(表紙の二人ですね。)

第2作『VSイマジネーター』で主人公を務めた二人が、再び本作の主人公に。
合成人間のはずなのに何の能力も持たない”カミール”こと織機綺のもとに、統和機構内のサークル「カウンターズ」と「アンチタイプ」という組織が接近します。

分かりやすい構図と準レギュラーたちの登場。挿絵の緒方氏もブギーポップの”左右非対称の表情”を挿してきたり、ファンサービスがたっぷり。

内容にしても、いつもの象徴的で概念的な頭にすっと入ってこないメッセージではなく、登場人物を介して強い意思を感じさせる、いつもと違うやけメッセージ性の強いブギーポップのように感じました。気のせいでしょうか。

一応ハッピーエンドのような形で終わりますが、今後もひと波乱ありそうな気配。広げ続けた風呂敷を、このまま更に広げていくのか、うまく畳むのか、そこにも注目したい・・・のですが、徐々に完結への形も見せてほしいかなと思い始めています。

 

ラノベ

一言感想『あなたは虚人と星に舞う』 著:上遠野 浩平

人類の“天敵(虚空牙)”と戦う力を持つ「虚人」こと超光速空間機動兵器(ナイトウォッチ)試作十四号 “ヴルトムゼスト”の操縦士(コア)、鷹梨杏子(キョウ)。太陽系外縁空域にただ一人生存する彼女の心の平静のためだけに成立した「この」世界を襲った、味方のはずの人類連合軍。謎に満ちた彼らの強襲を迎え撃つキョウを待ち受ける“天敵(虚空牙)”。混迷の果てに少女が選ぶのは平穏なる終末か、暗闇の未来か? 上遠野浩平が描く青春SFの金字塔、“ナイトウォッチ”シリーズ第三弾。

続きを読む

ラノベ

一言感想『騎士は恋情の血を流す』 著:上遠野 浩平

「怖いのは人間をやめようとしている、世界のすべてを敵に回してでも“突破”しようとする者だけ。もしもこれがそうなら、私たちでは歯がたたない――」

葛城貴士は、蛇口をひねるようにして、他人の血液を弄ぶ。
世界一有名なバンドの歌になぞらえて『プリーズ・ブリード・ユー』と名付けたその能力を駆使し、幼なじみの七ノ輪ほのかを“不敗のカリスマ”と呼ばれる売れっ子タレントへと仕立てあげていた彼だったが、そんなほのかの出来すぎた快進撃が世界の裏側に潜む“とある組織”の調査対象となってしまう――。


上遠野ミステリーの傑作<しずるさんシリーズ>入門編となる、熱く苛烈な恋の物語。「しずるさん」はここからはじまった!

続きを読む

ラノベ

一言感想『ブギーポップ・チェンジリング 溶暗のデカダント・ブラック』 著:上遠野 浩平

君は堕落したいかい?自分の意志なんて面倒なものを投げ捨てて、だらしない世俗に流されて安易な満足に耽りたいかな?先に待つのは愚鈍さだと感じつつも、ずぶずぶと暗い情熱に溶け込んでしまいたい?その湿った衝動こそデカダント・ブラック。そいつが危険か、このぼくブギーポップにも今ひとつ掴みきれなくて―二人のストーカーがお互いの監視対象を交換し、より陰に潜むと選択したことが奇妙な運命を呼ぶ。世界の命運を決する死神に取って代わろうという怪異な欲望が、関わった少女たちの心を汚染していく。事態を解決
しようとする風紀委員長の新刻敬も、否応なくそのどす黒い退廃に引きずり込まれていく。
あげくの果てに彼女が選択するのは容赦なき断罪か、それとも共倒れの崩壊か―?

続きを読む