タグ別アーカイブ: ライトノベル

ラノベ

『ブギーポップ アンチテーゼ オルタナティヴ・エゴの乱逆』 著:上遠野 浩平

BP19

『ブギーポップ』シリーズの第19作目、『オルタナティヴ・エゴの乱逆』が発売されています。

上遠野浩平といえば、その全ての作品の世界観が絶妙にリンクしつつ、セカイ系と呼ばれるいちジャンルを築いたライトノベル作家。


第1作『ブギーポップは笑わない』(電撃文庫)に始まった『ブギーポップ』シリーズは、その本流であって全ての起点です。

現在は『ブギーポップ』『ビートのディシプリン』『奇蹟使い』『ヴァルプルギスの後悔』『螺旋のエンペロイダー』『ナイトウォッチ』『事件シリーズ』『しずるさん』『ソウルドロップ』など数々のシリーズが刊行されていますが、本流の最新刊は2014年11月以来。待たされました。

本作では、主人公(?)たる死神・ブギーポップが幾度も登場します。従来のシリーズでは、思わせぶりに登場し、「世界の敵」を刈り取って泡のように消えていく登場スタイルが多かったのですが、序盤からしゃべるしゃべる。

理由は分かりませんが、本作における主人公が、過去作に登場した二人であるというのも影響しているのかもしれません。

織機綺(オリハタアヤ)と谷口正樹。(表紙の二人ですね。)

第2作『VSイマジネーター』で主人公を務めた二人が、再び本作の主人公に。
合成人間のはずなのに何の能力も持たない”カミール”こと織機綺のもとに、統和機構内のサークル「カウンターズ」と「アンチタイプ」という組織が接近します。

分かりやすい構図と準レギュラーたちの登場。挿絵の緒方氏もブギーポップの”左右非対称の表情”を挿してきたり、ファンサービスがたっぷり。

内容にしても、いつもの象徴的で概念的な頭にすっと入ってこないメッセージではなく、登場人物を介して強い意思を感じさせる、いつもと違うやけメッセージ性の強いブギーポップのように感じました。気のせいでしょうか。

一応ハッピーエンドのような形で終わりますが、今後もひと波乱ありそうな気配。広げ続けた風呂敷を、このまま更に広げていくのか、うまく畳むのか、そこにも注目したい・・・のですが、徐々に完結への形も見せてほしいかなと思い始めています。

 

ラノベ

一言感想『僕と彼女のゲーム戦争8』 著:師走 トオル

ゲーム戦争8

久しぶりの長文記述に些かのリハビリが必要な気がしないでもありません。

この作品を簡単に紹介するとすれば、ゲーム人口が爆発的に増加し、高校の部活動でも採用されるような夢のような空想世界を描いたライトノベルでございます。いつかそんな時代がくるのかと首を長くして待っているところではありますが、コンシューマ業界は衰退の一途といったところでしょうか。

主人公の岸嶺は、高校3年という時期にもかかわらず、新しい学校へ転校し、そこで現代遊技部、すなわちゲーム部へ入部。3人の女子部員と仲良くゲームプレイに興じるのです。

いわゆるハーレム状態のライトノベルであることは疑いなく、量産される有象無象の中の一冊に過ぎないことは確かではあるのですが、本作はこの異世界ファンタジーものの隆盛する現代において、取材に基づいて著される数少ないカテゴリに属しているのです。

もちろん本作では実在するゲームが題材として選ばれ、権利者の許諾を得たうえで作中に登場します。非常に大きな特徴であり、やりこみ度の高いプレイヤーからすれば理解も早いし、同調しやすいことでしょう。

この巻では、『電撃文庫ファイティングクライマックス』と『リーグオブレジェンド』が取り上げられました。

『ファイティングクライマックス』は電撃文庫キャラクターが登場するキャラクターものの対戦格闘。難しいコマンド入力をせずとも、コンボがつながったりする比較的初心者も参入しやすいゲームです。Vita版はフリプで購入しました。
『リーグオブレジェンド』は、私自身プレイしたことがないのでどのようなゲームか詳しくはわかりませんが、インターネットを介して5VS5で戦う戦略シミュレーション+アクションのようなものだと理解しました。

特に、後者は専門用語が多く、よくぞここまで文章化したものだなあと思うほど。

今回は、ゲーム部部長である天道が父親からゲーム禁止を言い渡されるも、部員全員の協力でゲームの生産性や市場規模を示してゲームの将来性を証明し、ゲーム禁止令を解除してもらおうというもの。ストーリーがなさすぎる感じはしますが、題材としたゲームへの造詣の深さは目をみはるものがあります。たかがゲーム、されどゲームという感じです。

この作品の見所は、主人公がその特殊能力(簡単にいうとものすごい集中力を発揮する)を発揮するシーン。そのシーンが、巻を重ねるごとにつまらなくなっているのは少し残念な感じ。3人のヒロイン達との仲も特に進展せず、少し中だるみ感が漂っているのが惜しい。

元々長く描くつもりはなさそうでしたけれど、どうやって収拾をつけるのか、もはや気になるのはその一点だけです。

ラノベ

一言感想『フルメタル・パニック!アナザー11』 著:大黒 尚人

フルメタA11

賀東招二氏によるオリジナル『フルメタル・パニック!』のスピンオフ『アナザー』の最新刊が刊行されています。

実際の執筆は別の方が担当されておられるようですが、オリジナルの重厚かつSFライクな世界観を壊すことなく、無事11冊目の刊行となっています。

ともかく戦争モノのライトノベルなので、専門用語が多く取っ付きにくい感じは拭えないものの、分かりやすいストーリーと恋愛模様を絡めたバランスの取れた作品なのです。

まぁ、専門用語が多いといっても、近年は異世界ファンタジーというジャンルが幅を利かせているわけで、数多登場する造語を理解するよりは遥かに楽な気もしますが。

民間軍事会社の傭兵として、アームスレイブ(AS)に乗って戦場を駆ける生活に迷いをもっていた主人公の達哉。前巻までのお話で、敵の攻撃により致命傷を受け、本隊からも引き離されるという状態から、何とか隣国へ保護を求めた、という状況(だったかな?)。

本作は、争いの渦中にあるガルナスタンの長オルカン・アタエフ軍の侵略行為を止めるべく、米ネイビーの助力を得て行う鎮圧戦の様相を呈しています。というわけで、オルカン軍(オルカン、ミハイロフ、ヨナタン・クルピンスキー他悪役サイド)VS D.O.M.S(達哉、菊乃、アデリーナ、ユースフ他主人公サイド)という分かりやすい構図。

M9やベヘモスといった『オリジナル』でキーとして描かれたものが、本作でも次々と登場し、ついにラムダドライバも登場。『アナザー』シリーズとしては、ほぼほぼクライマックスのようですね。

達哉も、どちらを選ぶか心に決めた様子で恋の決着も着きそう。ラストにかなり不穏な表現があるものの、これから日本へ帰還して最終戦という流れを想起させられました。

小さくまとまった感じで悪くないとは思いますが、『オリジナル』と比較すると、主人公たちに絶望度がない、というか『オリジナル』は一歩間違うと死、という緊張感・やばさがもっとあったような気がします。同じような立ち位置にいる主人公を狙う悪役にしても今回の”ミハイロフ”はかなりあっさりめ。”ガウルン”はかなりのやばさが伝わってきたものでしたが。
そういう意味ではもっと思い切って書かれても良いのかなぁと思ったり思わなかったり。

ラノベ

一言感想『ソードアート・オンライン アリシゼーション・エクスプローディング』 著:川原 礫

人界暦三八〇年十一月。
アンダーワールド全土を混沌に巻き込む≪最終負荷実験≫の幕が上がる。
暗黒神ベクタことガブリエル・ミラー率いる侵略軍50,000に対するは、整合騎士ベルクーリ率いる人界守備軍3,000。
≪霜鱗鞭≫のエルドリエ、≪熾焔弓≫のデュソルバート、の副団長・≪天穿剣≫のファナティオら整合騎士は、数的劣勢を跳ね返すべく奮闘を続けるが、敵軍の尖兵たる山ゴブリン族は奸計を用いて防衛線をすり抜け、後方の補給部隊を狙う。心神喪失状態のキリトを守る少女練士ロニエとティーゼに危機が迫る。

更に、侵略軍一の奸智を誇る暗黒術師ギルド総長ディー・アイ・エルもまた、恐るべき大規模術式によって守備軍の殲滅を図る。対する守備軍の総指揮官、整合騎士長ベルクーリがとった作戦とは……。そして、現実世界からアンダーワールドへログインしたアスナの行方は――!

続きを読む

ラノベ

一言感想『フルメタル・パニック!アナザー7』 著:大黒 尚人

カルパチアの戦闘で旭を撃ち、その引き金の重さに苦悩する達哉。アデリーナやクララ、ユースフたちD.O.M.S.の仲間も、今はそんな彼を見守ることしかできない。そして最愛の弟を失った菊乃もまた、孤独の中で自身の弱さや脆さと向き合っていた。だがそんな少年たちをよそに、世界は危険な方向へと動き始めていた。中央アジアの紛争で投入された無人AS“ケントゥリア”の存在は、米ロ両大国の均衡すら揺るがそうとする。激動への予兆の中、D.O.M.S.が得た新たな力とは?不撓不屈のSFミリタリーアクション、一意専心!!

続きを読む

ラノベ

【ラノベ感想】『ソードアート・オンライン14 アリシゼーション・ユナイティング』 著:川原 礫

“公理教会”の象徴である白亜の塔“セントラル・カセドラル”。隔離された大図書室の賢者“カーディナル”の助けを借り、ユージオは整合騎士となってしまったアリスを“本当の姿”に戻すため、キリトはこのアンダーワールドの消滅を回避するため、最高司祭“アドミニストレータ”の待つカセドラル最上階、100階を目指す。そして到達した九十九階。キリトとアリスの前に現れたのは、整合騎士の鎧に身を包み、瞳に冷たい光を浮かべたユージオだった。躊躇いなく剣を抜くユージオを、やむなく迎え撃つキリト。旅立ちの日、遠い雷鳴に感じた戦いと別離の予兆は真実となってしまうのか。キリトの必死の呼びかけは、記憶を封じられたユージオに届くのか。アリシゼーション・人界編、完結!

続きを読む