タグ別アーカイブ: ソードアートオンライン

ラノベ

『ソードアート・オンライン アリシゼーション・ラスティング』 著:川原 礫

SAO18

ハリウッド映画化が進行中の人気ライトノベル『ソードアート・オンライン』の最新巻が刊行されました。

ソードアート・オンラインとは、元々は仮想空間の中に自らの感覚を再現して遊ぶバーチャルゲームマシンのゲームのこと。専門的な用語は避けますが、第1巻では、そのゲーム内に捕らわれて、ゲーム内で死んでしまうと、現実世界でも死ぬという設定が受け、かなり息の長いシリーズとなりました。

本作は、シリーズの中でも特に長い「アリシゼーション編」の最終巻。見所が多すぎますし、歳をとりすぎたせいか涙なしには読むことができない、そんな感動的な場面も多く盛り込まれているのです。

長い期間にわたり心神喪失状態という、主人公失格と言われかねない状況に置かれていた主人公、黒の剣士キリトもようやく覚醒し、因縁の敵PoH、そして暗黒王ベクタとついに刃を交えることとなりました。これまで関わってきたみんなの想いを!というベタで少年誌展開ではありますけれど、きっとみんなこれが読みたいのです。

アンダーワールドの戦いの結末だけではなく、無事に人工フラクトライト(簡単にいうと、高度なAIのようなものです。)アリスも現実世界へ脱出成功し、少し現実世界でのエピローグが語られることとなります。

単巻で物語が完結するケースが多いライトノベルというカテゴリの中で、よくぞ勢いを保ったまま最後まで書き上げ、かつ高品質の読み物に仕上げるあたり著者の力は素晴らしいものです。正直最後のほうは“心意”というなんでもありの力に頼った感もありましたが、ラノベはこれで良いのかもしれません。

この作品は、他のいわゆる異世界ものと呼ばれる量産ラノベとは違っていて、それなりに理屈があり、近い将来もしかしたら現実世界もこうなるのではないかという想像を掻き立てられるところに美点があるように思います。そして、ゲームの中でなら最強になれるし、かわいい子とも知り合えるという可能性を見いだした点を、読者層が評価したのかもしれません。かくいう私もその一人です。

少年向けの作品をハッピーエンドで終わらせるのは創作者の義務であると、勝手に思っています。その義務を見事に果たした著者に賛辞と、感謝の気持ちを贈ります。本シリーズは、web連載版に加筆修正したものでしたが、書き下ろしとなる新章を予定されているようなので、楽しみに待ちます。

ラノベ

一言感想『ソードアート・オンライン(17)アリシゼーション・アウェイクニング』 著:川原 礫

SAO17

 前作からまた時間が空きまして、ストーリーをうろ覚えていたので、あらためてエクスプローディングから読み直すという一粒で二度おいしい感じのソードアートオンライン最新巻アウェイクニングが刊行されています。

 前作で、相変わらずキリトは抜け殻の状態のまま、仮想空間では人界軍対暗黒軍のアンダーワールド大戦が開戦し、整合騎士たちの活躍、そして女神ステイシアのアカウントでログインしたアスナが人界軍を間一髪で救うという見せ場を演じました。

一方、リアルワールドでは高度AIであるALICEを奪おうとするアメリカ人たちと、自衛隊のドンパチが始まり、米人側が一般の米人ネットユーザーを、暗黒軍側のプレイヤーとして召還しようと画策しているところ。
さて人界軍側の援護射撃は誰が・・・・?

というところで、高度AIであるユイが密やかに活躍し、致命的な状態に陥るのを回避するという展開でした。(何を言っているのかわかりませんが、エクスプローディングはここまで。)

本作では大戦がいよいよ大詰めとなり、人界側にはコンバートしたシノン、リーファが参戦。
リズベットの説得に応じた日本人プレイヤーも続々と参戦します。

一方暗黒軍側は、米人ネットユーザーだけではなく中国、韓国人ユーザーを扇動し、何万ものユーザーをログインさせ、人界側は窮地に立たされることになるのです。

そろそろキリトも目覚めていい頃では・・・・といったところで本作は終了。

またも!キリトの覚醒はおあずけです。

 

本作は助走回ということで、大きな事件はなく粛々と物語が進行しました。
戦闘シーンでは、整合騎士長ベルクーリ、シノン、リーファらの見せ場はあるものの、キリト覚醒への演出というか布石のようなもの。

作者は本作でキリトを覚醒させたかったようですが、そこは大人の事情のよう。(本が分厚くなるらしいです。)

少しずつクライマックスに近づいてはいますが、盛り上がりに欠けてしまうのはアリス編で主人公を張っていたユージオが死に、キリトが心神喪失状態で主人公不在の影響がかなり大きいものと思います。

思い入れ始めたあたりでサブキャラクターも死んでいったりしますしね。戦争というのは、中々描くほうも難しいということでしょう。

ともあれ数冊にもわたり主人公不在のまま進められてきたアリシゼーション編。
次回、ようやく主人公の動く姿が見られそうです。

ラノベ

一言感想『ソードアート・オンライン プログレッシブ(4)』 著:川原 礫

SAOp4

 プログレッシブ(漸進的な)と銘打たれたこの作品は、本編ソードアート・オンラインを1フロアずつ進めていく長大なシリーズです。

ソードアート・オンラインとは、中高生を中心に、大ヒット中のライトノベル。

ナーヴギアと呼ばれる機器を装着することによって、オンラインゲーム世界の中にもう一人の自分をキャラクターとして作成し、空想世界を楽しむといったものです。

もちろん架空のゲーム機ですが、プレイヤーはゲーム開発者の陰謀により、ゲームの世界に閉じこめられてしまうのです。

ゲーム世界での死=現実世界での死、となってしまったデスゲーム。参加者一万人のプレイヤーの生き様を描いたこの作品は、若い世代を中心に大人気なのです。

本編は、ソードアート・オンラインの世界から既に脱出し、現行のシリーズ『アリシゼーション編』を継続しているのですが、このプログレッシブではソードアート・オンラインという100層からなるゲーム世界を一層ずつ進めていくという気の遠くなるような試みを実施しています。

現行シリーズと平行して執筆されているようですから、中々新刊がでないのですが、心待ちにしているファンは多そうです。

本編に登場しなかったエピソードやキャラクターを配し、より作り込まれた設定のなかで涙あり、恋あり、笑いあり、殺意ありの究極のエンターテインメント作品へ昇華されています。本編で作者が触れたくても触れられなかった設定がこのシリーズにはすべて詰め込まれているのでしょう。

本作は第五層。殺人ギルド、ラフィンコフィンの陰がちらつき始めるも、大手ギルドの反目を防ぐために、キリトとアスナが奮闘するストーリーです。

ライトノベルでは過去に例のない長編となりそうな気配はありますが、是が非にも書ききって頂きたいとそう思える作品です。

ラノベ

一言感想『ソードアート・オンライン アリシゼーション・エクスプローディング』 著:川原 礫

人界暦三八〇年十一月。
アンダーワールド全土を混沌に巻き込む≪最終負荷実験≫の幕が上がる。
暗黒神ベクタことガブリエル・ミラー率いる侵略軍50,000に対するは、整合騎士ベルクーリ率いる人界守備軍3,000。
≪霜鱗鞭≫のエルドリエ、≪熾焔弓≫のデュソルバート、の副団長・≪天穿剣≫のファナティオら整合騎士は、数的劣勢を跳ね返すべく奮闘を続けるが、敵軍の尖兵たる山ゴブリン族は奸計を用いて防衛線をすり抜け、後方の補給部隊を狙う。心神喪失状態のキリトを守る少女練士ロニエとティーゼに危機が迫る。

更に、侵略軍一の奸智を誇る暗黒術師ギルド総長ディー・アイ・エルもまた、恐るべき大規模術式によって守備軍の殲滅を図る。対する守備軍の総指揮官、整合騎士長ベルクーリがとった作戦とは……。そして、現実世界からアンダーワールドへログインしたアスナの行方は――!

続きを読む

ラノベ

一言感想『ソードアートオンライン15 アリシゼーション・インベーディング』 著:川原 礫

「キリト、教えて……。私は……どうすればいいの?」
最高司祭アドミニストレータを倒した代償、それはユージオの死、そしてキリトの精神喪失だった。
激闘から半年後。アリスは、意志の無い虚ろな表情で車椅子に乗るキリトと≪ルーリッドの村≫に身を寄せていた。
整合騎士としての役目≪人界の守護≫をベルクーリに託したアリスは、心を失ってしまったキリトと静かに暮らすことを選んだのだ。
そして、≪アンダーワールド≫には、賢者カーディナルの預言した≪最終負荷実験≫が刻一刻と近づきつつあった……。
≪ダークテリトリー≫からの邪悪な息吹が≪人界≫に流れ込み始める。ついに、恐るべき闇の軍勢が動き出そうとしていた。

 

続きを読む

ラノベ

一言感想『ソードアート・オンライン プログレッシブ3』 著:川原 礫

「行くぞ、アスナ! しっかり掴まってろよ! ――ティルネル号、発進! 」
謎めいたダークエルフ騎士のキズメルといっときの別れを交わし、アインクラッド第四層を目指すキリトとアスナ。扉を開けた二人の行く手を、勢いよく流れる谷川が阻む。正式サービスの第四層は、《水路》のフロアへと変貌を遂げていた。

なんとか街に到着した二人を出迎えたのは、湖水に浮かぶ白亜の街並みと、大小無数のゴンドラだった。
第四層を自由に移動するためには、専用のゴンドラを入手しなければならない。
キリトとアスナは、ゴンドラの船材をゲットするために、身の丈八メートルの大型火炎獣《マグナテリウム》に挑む――! そして、アインクラッド第四層の攻略は、さらなる難関が待ち受けていた……!

 

続きを読む

ラノベ

【ラノベ感想】『ソードアート・オンライン14 アリシゼーション・ユナイティング』 著:川原 礫

“公理教会”の象徴である白亜の塔“セントラル・カセドラル”。隔離された大図書室の賢者“カーディナル”の助けを借り、ユージオは整合騎士となってしまったアリスを“本当の姿”に戻すため、キリトはこのアンダーワールドの消滅を回避するため、最高司祭“アドミニストレータ”の待つカセドラル最上階、100階を目指す。そして到達した九十九階。キリトとアリスの前に現れたのは、整合騎士の鎧に身を包み、瞳に冷たい光を浮かべたユージオだった。躊躇いなく剣を抜くユージオを、やむなく迎え撃つキリト。旅立ちの日、遠い雷鳴に感じた戦いと別離の予兆は真実となってしまうのか。キリトの必死の呼びかけは、記憶を封じられたユージオに届くのか。アリシゼーション・人界編、完結!

続きを読む