ps4

【ゲーム】この世の果てで恋を唄う少女YU-NO リメイク発表!

ADVゲームとして、伝説的なタイトルである、『YU-NO』のリメイクが12/29のコミックマーケット87で発表されました。発表は、MAGES.からです。

 

 

1996年12月26日にエルフより発売されたPC-9801用ADV『この世の果てで恋を唄う少女 YU-NO』。分岐する並列世界を渡り歩き、時には分岐点に戻りながら過去を変えて物語を進めるという、当時の美少女ゲームとしては他に類を見ない画期的なタイトルとして、伝説となっていたゲームである。(wikipedia)

幼少の頃でしたが、セガサターンでも発売されていた記憶があります。似たようなアドベンチャーゲームは出ていましたが、ゲームのシステムがストーリーそのものとリンクしている、という点において非常に画期的なタイトルだったように記憶しています。
(正直内容はほとんど覚えていないニワカです。)

ADVといえばシナリオ、つまり脚本が一番重要です。
本作の脚本は、2011年12月に若くして亡くなった菅野ひろゆき氏。

菅野氏脚本の作品は、『EVE burst error』『DESIRE』『十次元立方体 サイファー』『ミステリート』など、SFとミステリーが融合したような作品が多く、EVEの続編は常に待ちわびていたものです。

18年前の作品のリメイクということなので、違いなど列挙しても仕方がないと思いますが、とりあえずグラフィックデザインは入れ替える模様です。脚本はほとんどいじらずに、菅野氏の世界観を保つということなので、オリジナルファンの期待に応える作品になるのではないかと思います。

yuno

プラットフォームは発表されていませんが、開発元からするとXboxoneの可能性が高そうですね。

公式ティザーサイト

電撃オンラインインタビュー『YU-NO』が約18年の時を経て復活! 浅田プロデューサーが語る「なぜ今出るのか、なぜ今まで出なかったのか」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>