FF7RM

『期待の新作2016』

2016年ももう2ヵ月も過ぎ去りました。昨年までに発表されたライトゲーマー向け期待の新作をまとめておきました。新作だけでなく、リメイクばかりなのは気のせいですね。

2016年もモバイル市場に圧されっぱなしかと思いきや、こちらはこちらでガチャ問題に対する批判が根強く残っている様子。ゲーム市場全体が薄氷のうえで成り立つギャンブル業界のような世界になりつつあり、ゲームファンとしては戦々恐々しているところです。

買い支えなければ市場が衰退し、ゲームという文化そのものが失われてしまう、そんな危機感を勝手に抱きつつ、今年もゲームを買いたい。

メーカーさん頑張ってください!!

さて、個人的に期待の大きい順番に紹介しますので、当然面白くなかったときの期待はずれ度も上に行けばいくほど大きくなるといった寸法です。

1.ファイナルファンタジー7(PS4)

言わずと知れたファイナルファンタジーシリーズ、リメイク最後の弾。
最もユーザー人気が高く、スピンオフ作品も数知れず存在します。
ファンでなくともプレイしておきたいリメイクタイトルです。
事前情報によると、ストーリーにも手が入るとか。
発売日発表はまだですが、今のところ最も楽しみなタイトルです。

【PlayStationExperience】

2.ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて(PS4/3DS)

まさかの据え置き(PS4)&ケータイ機(3DS)での開発を発表したドラクエシリーズの最新作です。
個人的にはシリーズすべてをプレイしているわけではありませんがFFシリーズの状況をみていると、こちらもかなり危うい状況(セールス的に)にあることは間違いありません。
とりあえず、オンライン要素は排除したほうが賢明でしょう。あれは日本人のプレイスタイルではない。

【プレイ動画】

3.ファイナルファンタジーⅩⅤ(PS4/XboxOne)

こちらも国内最大のRPGシリーズの最新作。
去る2006年。偶然訪れた東京ゲームショウにて、スクエニブースのカンファレンスを見ていました。

『ファブラ ノヴァ クリスタリス ファイナルファンタジーXIII』

ライトニングが主人公となったファイナルファンタジー13、13-2そしてライトニングリターンズ。
それに加えてファイナルファンタジー13アギト、ファイナルファンタジーヴェルサス13というナンバリングプロジェクトでした。
アギトは零式へと名前を変え発売され、ヴェルサスはこのたびファイナルファンタジーⅩⅤとして改めて発表されました。
そういうわけで、10年以上開発してんじゃねーかという進捗の遅さですが、正直ファンもあまり期待していないのでは・・・という。

※発売日は、2016年9月30日に決定しました。予約受付もスタートしています。

【公式動画】

4.ペルソナ5(PS3/PS4)

発表自体は早くからされていましたし、情報も小出しにしていましたが、発売が延期されています。公式での発売日は、2016年夏。
P3、P4は絶大な人気を誇っています。ダンジョンRPGとADVをミックスさせたようなゲームスタイルですが、キャラクターの濃さやシビアな戦闘バランスがファンの心を惹きつけて離さないというか。

当初PS3のみでしたが、PS4も加えられてひと安心。開発元親会社の倒産があったりして苦難を乗り越えた大型タイトル。発売までこぎつけてほしい。

※発売日は、2016年9月15日に決定しました。予約受付もスタートしています。

【動画】

 

(続 く)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>