akibaz

【PSV】アキバズトリップ2 プレイ後感想

PSPで発売されたアキバズトリップの続編がPSV/PS4/PS3で発売されています。

といいますか、発売日には購入していたのですが、積みゲー状態になっていたものをふと思い出し、最後までプレイした次第です。例によってプレイ後の感想をひとこと。

ちなみに、PS4版は同時発売ではなく、Vita版が発売された後にバージョンアップされて発売されました。

あまりオススメはしませんが、万一購入されるようでしたらPS4版を購入したほうが良いでしょう。(私の感想はPSVのものです)

 

1が発売されたときは、衝撃的でした。

なにしろ相手の衣服を脱がしていくゲームということで、男子ならば期待をしても致し方ないところかと。本作でもメインとなるエッセンスを残したままその点はパワーアップされていますのでご心配なく。

簡単に説明すると脱衣アクションゲームです。
魔骸者と呼ばれる人外(吸血鬼のようなものです)が秋葉原の街に現れて街を混乱に陥れていくものの、主人公の所属するアキバ自警団がこれを阻止するというストーリーです。

魔骸者は日光に弱く、衣服をとっぱらってしまえば消滅してしまうというのがポイントですね。
なお、主人公も一度敵の手に落ち魔骸者同様の体質にされていますので、全部脱がされるとゲームオーバーです。

datui

PSP版の1では、大量の人物描画に負担がかかっていたのか、非常にもっさりとしたプレイ感だった印象だけが残っていましたが、この点は完全に解消されました

現実世界の秋葉原が舞台となっており、馴染みのある人にはまた感じ方もちがうかもしれませんが、エウリアンやメイドの呼び込み、それらしい服装の人たちなど擬似的に秋葉原を味わうことができます。

クエスト方式でストーリーを進めていきますので、かなり単調な感じは否めません。
ガイドも都度ありますので迷うことはないでしょう。ただ、サブクエストはアイテム収集や難易度の高い戦闘ミッションが用意されていますので少し注意が必要です。

キャラクターデザインは、ぽよよんろっく氏。
かわいらしいキャラばかりです。ストーリーやアクションは比較的単純なので、どちらかというとビジュアル重視の層を取り込もうとしたゲームではないかと推測します。

chara

 

珍しいのはゲーム内で他のゲーム広告をしたりしていることですね。
日本ファルコム『閃の軌跡』やスパイクチュンソフト『コンセプション2』などの広告動画が秋葉原の液晶広告にでかでかと掲載されていました。(余談ですが、この2本は買いました。)

時事ネタや現実世界を模倣したITツールを活用して雰囲気を演出している点はとてもいいですね。
惜しむらくはストーリーが単純でほぼ一本道ですのでサブクエストをそこそこやってもクリア時間は10時間程度になりそうです。(私は13時間ほどかかっていました。)

クリア時に入手できるアイテムも豊富にありますし、攻略対象キャラも複数名いるので周回プレイを前提とした設計になっているようです。

また、難易度も4段階ありますからやりこみ要素はかなりあります。ただ、周回するほど面白いかといえば微妙なところ。キャラゲーでも苦もなく楽しめるようであればいいゲームかもしれません。

総括としては、可もなく不可もないゲームかなといったところでしょうか。
ゲームとしてはイマイチですが、ぽよよんろっく氏のファンとか、可愛いキャラがいればそれでいいという方は買って損はないでしょう。

2015-06-20-043646

なお、タイトル及び記事内で使用した画像の知的財産権は、全て㈱アクワイア様に帰属しています。

オススメ度 ☆☆

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>