カテゴリー別アーカイブ: 一言感想(ラノベ)

読書アイキャッチ

『天久鷹央の推理カルテII:ファントムの病棟』 著:知念 実希人

その病気(ナゾ)、命にかかわるぞ? 炭酸飲料に毒が混入された、と訴えるトラック運転手。夜な夜な吸血鬼が現れる、と泣きつく看護師。病室に天使がいる、と語る少年。問題患者の巣窟たる統括診断部には、今日も今日とて不思議な症例が舞い込んでくる。だが、荒唐無稽な事件の裏側、その“真犯人”は思いもよらぬ病気で……。破天荒な天才女医・天久鷹央(あめくたかお)が“診断”で解決する新感覚メディカル・ミステリー第2弾。 続きを読む

ラノベ

一言感想『人類最強の初恋』 著:西尾 維新

孤高の赤、哀川潤(あいかわ・じゅん)。
彼女の『今』が語られる。
《最強》シリーズ、開幕!

「あーあ、つまんねーの。自殺しよっかな」
人類最強の請負人・哀川潤。
強くなり過ぎた彼女に、遂に世界のすべてが降伏する。
倒すべき敵も、応えるべき依頼も失った請負人に、
そのとき、初めての「恋」が襲い掛かる!
『戯言』では済まされない、『人間』の枠を越えた、
『最強』のラブストーリー!

続きを読む

ラノベ

一言感想『魔術士オーフェンはぐれ旅 魔王編』 著:秋田 禎信

オーフェン・フィンランディの意識は既に飛んでいた。
長時間の会議は無駄な議題が続き、面倒なことばかり。
「一晩中探したよ。眠いよ! 」(長女=経理部長)。
「現実逃避しないでよ、父さん! 」(次女=暴力対策部長)。
「言いだしっぺが怪しい」(三女=企画戦略室長)。
社長は厨房で食器を洗っている……。

カーロッタの死後、開拓地に居を構えた一家は「荒野の揉めごと解決いたします」の標語を掲げ、「フィンランディ商会」を営んでいる。原大陸で最強の戦力を誇る家族経営だが、今は会社のお金が盗まれるという事態に直面していた。

オーフェンは長い長いため息をつき、三人の娘たちに告げる。
「わが社の保安部長を任命してすべてを任せる」
「……誰?」
(『フィンランディ商会の、約三十名と一匹の日常』より)

第四部の知られざる毎日を描く「番外編」第1弾! 全て書き下ろしで贈る計3編を収録!

続きを読む

ラノベ

一言感想『魔術士オーフェンはぐれ旅 女神未来(下)』 著:秋田 禎信

(長い日になりそうだ……)
魔王オーフェン・フィンランディは魔術学校の校長室で、目まぐるしく変化する情勢を放っておく他なかった。手を打つにも手の数が足りず、匙を投げるわけにもいかない。≪死の教主≫カーロッタ・マウセンと対面を果たすも、休戦を余儀なくされていた。混沌は極まる。キルスタンウッズの壊滅、市議会からの戦術騎士団への圧力、突然の合成人間の現出…。
「約束の地」を夢見た原大陸で、混乱に混乱が上乗せされていく。それでも、オーフェンは知っていた。あの時とは違う。もう全てを捨てられるほど身軽じゃない。絶望だって受け入れなければ、希望はない。答えは決まっている。「笑われても、何度でもやるさ」 20年にわたる長編「はぐれ旅」シリーズ。第四部、堂々の完結編!

続きを読む

ラノベ

一言感想『魔術士オーフェンはぐれ旅 女神未来(上)』 著:秋田 禎信

「ここが最後の城。告げられし天世界の門。ここに終わる…」“死の教主”カーロッタ・マウセンの視線の先には、因縁の地・ローグタウンがあった。“アイルマンカー結界”は消滅し、リベレーターの計画は失われた。カーロッタは“女神再臨”を目指し、この地への侵攻を開始する。彼女を迎え撃つ、オーフェン・フィンランディは魔術学校の校長室で今後の対処を練っていた。残す選択は決戦のみ。多数の負傷者を出し、半壊した戦術騎士団で戦う他ない。そして、もう一つの可能性に未来を託す。つまりは“鋏”―魔剣オーロラサークルを送った、はぐれ者に。二十年以上の時を経て、今、原大陸は激しい変化の刻を迎える。嵐の先になにが待つのか、まだ誰も分かっていない。恐らくは、まだ、きっと…。新シリーズ最終章!

続きを読む

ラノベ

一言感想『魔術士オーフェンはぐれ旅 鋏の託宣』 著:秋田 禎信

“魔王”オーフェンの活躍により、キエサルヒマ大陸からの刺客は退けられた。しかし、ラポワント市の被った損害は大きく、魔術士たちは社会からの糾弾を受ける。

一方、マジクは大陸の果てで、宿敵であるヴァンパイアと対峙していた。二人の交渉が決裂し、“死の教主”が宣戦布告をすると同時、大陸上空を巨大な黒い“結界”が貫く。“結界”の中心となったのは、ローグタウンのフィンランディ邸だった。

完全に外界と隔絶され、取り残されたマヨールとラチェットは脱出の道を模索する。“戦術騎士団”、“リベレーター”、“キエサルヒマ魔術士同盟”、“アーバンラマの三魔女”、そして、“魔王スウェーデンボリー”。

複雑に絡み合う状況の中、神託を下されるオーフェンの行方は?分かたれた世界で、それぞれの選択が試される。流転の物語。

続きを読む

ラノベ

一言感想『あなたは虚人と星に舞う』 著:上遠野 浩平

人類の“天敵(虚空牙)”と戦う力を持つ「虚人」こと超光速空間機動兵器(ナイトウォッチ)試作十四号 “ヴルトムゼスト”の操縦士(コア)、鷹梨杏子(キョウ)。太陽系外縁空域にただ一人生存する彼女の心の平静のためだけに成立した「この」世界を襲った、味方のはずの人類連合軍。謎に満ちた彼らの強襲を迎え撃つキョウを待ち受ける“天敵(虚空牙)”。混迷の果てに少女が選ぶのは平穏なる終末か、暗闇の未来か? 上遠野浩平が描く青春SFの金字塔、“ナイトウォッチ”シリーズ第三弾。

続きを読む

ラノベ

一言感想『フルメタル・パニック!アナザー10』 著:大黒 尚人

『カエサル・プロジェクト』を追い、たどりついたガルナスタンの決戦で、市之瀬達哉たち新生D.O.M.S.は完膚無きまでの敗北を喫する。絶望的な状況で、荒野に取り残された達哉と菊乃は、満身創痍の“ブレイズ・レイヴン”改と“イージス・レイヴン”を駆って、決死の脱出行に挑む。その行程の中で菊乃は人を殺めることを是とする彼の様子に戸惑いを隠せなかった。その一方、辛うじてクルディスタンへの撤退に成功したクララやユースフ、そして捕らわれのアデリーナに、狂気に溺れたオルカンの新たなる魔手が迫り来る―一気呵成のSFミリタリーアクション、激闘交錯!!

続きを読む

ラノベ

一言感想『僕と彼女のゲーム戦争 7』 著:師走 トオル

ゲーマーたちが最も熱くなる季節、夏。岸嶺たち現代遊戯部のメンバーは、ゲーム大会への参加を繰り返していた。そんな中、部員たちと比べて実力不足を感じていた岸嶺は、デバッグのアルバイトを通じて知り合ったプロゲーマーのもとへ教えを乞いに行くことを決意する。そして個人修業を終えて挑んだゲーム大会。夏休みということもあり、社会人が多数参加していたその大会には、かつて岸嶺たちと戦ったこともあるチャンピオンが強力なメンバーを率いて参加していたのだった。今回のゲームはFPS!強敵だらけのゲーム大会で岸嶺が覚醒する!?

続きを読む

ラノベ

一言感想『フルメタル・パニック!アナザー9』 著:大黒 尚人

南カフカスの小国、コルキス共和国。ソ連崩壊と共に独立したこの国は当時、ロシアを後ろ楯とした少数民族との内戦に揺れており、その混乱の中に彼女―アデリーナ・アレクサンドロヴナ・ケレンスカヤは民兵として参加していた。そんな混沌とした政府軍への教導のため、コルキスに派遣された民間軍事会社D.O.M.S.の社長メリッサ・マオは戦場で反政府軍兵士の少女と、数奇な出会いを果たす。「わたしは勝てない相手だろうと、負けるわけにはいかない」今こそ語られる、彼女の知られざる根源とは―!?千変万化のSFミリタリーアクション、追憶挿話!

続きを読む