読書アイキャッチ

『失踪症候群』 著・貫井 徳郎

失踪した若者たちに共通点がある。その背後にあるものを燻り出すべく、警視庁人事二課の環敬吾は特殊任務チームのメンバーを招集する。私立探偵・原田征一郎、托鉢僧・武藤隆、肉体労働者・倉持真栄。三人のプロフェッショナルは、環の指令の下、警視庁が表立って動けない事件を、ときに超法規的手段を用いても解決に導く。失踪者の跡を追った末、ついにたどり着いた真実とは。悪党には必ずや鉄槌を下す―ノンストップ・エンターテインメント「症候群シリーズ」第1弾!

 

『慟哭』『乱反射』という二作品しか読んだことがありませんが、この二作品が個人的にとても素晴らしい出来であったので、平積みされていた本作・新装版『失踪症候群』を手に取ってしまいました。

この作品は、著者の作品の中でも割合初期に発表されたサスペンスものの長編小説です。○○症候群というシリーズものの第一作にあたります。

中身はというと、私立探偵・托鉢僧・肉体労働者。三人のスペシャリストが悪を討つ!という本の帯のアオリのとおり、元刑事で私立探偵の原田、酒・博打・オンナの三拍子に驚くほど精通している肉体労働者・倉持、謎の托鉢僧・武藤という個性溢れるキャラクター登場し、警視庁の人事課で窓際族のような存在となっている昼行灯・環(たまき)がその3人を束ね、警視庁のお偉いさんの命を受けて、隠密に事件を解決していくというストーリーです。

今となっては、新味のない物語になってしまっていますが、戸籍の交換を利用した失踪をテーマにしたミステリ&サスペンスです。
それなりに楽しめますが、近年の良質なミステリ作品と比べると、やや特徴にかける作品であるということは、否めません。

三人のスペシャリストという触れ込みなのに、この作品ではスペシャルな部分が描写し切られていないからでしょうか。シリーズものなので、次作品にとっておいてあるのかもしれませんが、本作だけで完結ということであれば、キャラクターは濃いのにいまひとつ活かしきれていない、というものすごく残念な作品です。

設定が突飛なので、リアルな感じがしないということもありますが、他の警察ものや探偵ものに比べても物足りない感じがしました。面白くない、というわけではありませんが、時間とともに色あせてしまった作品なのかもしれません。

オススメ度 ☆☆

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>