ラノベ

『ブギーポップ アンチテーゼ オルタナティヴ・エゴの乱逆』 著:上遠野 浩平

BP19

『ブギーポップ』シリーズの第19作目、『オルタナティヴ・エゴの乱逆』が発売されています。

上遠野浩平といえば、その全ての作品の世界観が絶妙にリンクしつつ、セカイ系と呼ばれるいちジャンルを築いたライトノベル作家。


第1作『ブギーポップは笑わない』(電撃文庫)に始まった『ブギーポップ』シリーズは、その本流であって全ての起点です。

現在は『ブギーポップ』『ビートのディシプリン』『奇蹟使い』『ヴァルプルギスの後悔』『螺旋のエンペロイダー』『ナイトウォッチ』『事件シリーズ』『しずるさん』『ソウルドロップ』など数々のシリーズが刊行されていますが、本流の最新刊は2014年11月以来。待たされました。

本作では、主人公(?)たる死神・ブギーポップが幾度も登場します。従来のシリーズでは、思わせぶりに登場し、「世界の敵」を刈り取って泡のように消えていく登場スタイルが多かったのですが、序盤からしゃべるしゃべる。

理由は分かりませんが、本作における主人公が、過去作に登場した二人であるというのも影響しているのかもしれません。

織機綺(オリハタアヤ)と谷口正樹。(表紙の二人ですね。)

第2作『VSイマジネーター』で主人公を務めた二人が、再び本作の主人公に。
合成人間のはずなのに何の能力も持たない”カミール”こと織機綺のもとに、統和機構内のサークル「カウンターズ」と「アンチタイプ」という組織が接近します。

分かりやすい構図と準レギュラーたちの登場。挿絵の緒方氏もブギーポップの”左右非対称の表情”を挿してきたり、ファンサービスがたっぷり。

内容にしても、いつもの象徴的で概念的な頭にすっと入ってこないメッセージではなく、登場人物を介して強い意思を感じさせる、いつもと違うやけメッセージ性の強いブギーポップのように感じました。気のせいでしょうか。

一応ハッピーエンドのような形で終わりますが、今後もひと波乱ありそうな気配。広げ続けた風呂敷を、このまま更に広げていくのか、うまく畳むのか、そこにも注目したい・・・のですが、徐々に完結への形も見せてほしいかなと思い始めています。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>