読書アイキャッチ

『失踪トロピカル』 著:七尾 与史

tropkal

なぜこの本を手に取ったかというと、最近の読書生活がマンネリ化していて、少し変化のある作風の小説を読みたいと思っていたからです。

普段はいわゆるミステリーにカテゴライズされる作品を読んでいるわけですが、新堂冬樹氏の作品に触れたとき、エログロもありだなと思ってしまったのでした。(もちろん黒新堂

そうしてエログロ路線でおすすめの書籍を探していたところ、ミステリー小説も書いておられる七尾氏の名前を見つけて、読んでみようと思った次第です。

さて、エログロものとしてオススメされるくらいですから、全編そのような場面なのかと思っていましたが全然そのようなことはなく、ミステリー小説でこそありませんが、サスペンステイストの不気味なお話でした。

舞台はタイ・バンコク。
旅行に訪れたカップルが事件に巻き込まれてゆくオーソドックスな導入です。現地では、”ダルマ女”という四肢の欠落した女性にまつわる都市伝説が囁かれ、主人公たちはただの噂だと楽観的に考えていたところ、迷子捜しをしていた彼女が失踪してしまうのです。彼女を探すため、現地の日本人たちの協力を得て、バンコクの闇組織に立ち向かうというお話です。

グロテスク表現が苦手な人はそもそも手に取らないでしょうし、そこを読みたくて買う方には特に問題ないと思いますので書いてしまいますが、この闇組織では、富裕層向けにスナッフビデオ、つまり殺人を録画したビデオを撮影し、販売しているようなのです。流石に解体場面は目を背けたくなることもありますが、主観ですけど、比較的抑えられた表現ではないかと思います。分量としても全体の1割あるかないかくらいでしょう。

小説としては、グロテスクさよりも、見知らぬ地で事件に巻き込まれる恐怖をシミュレートしたエンターテインメントという印象を受けました。土地勘もない、知り合いもいない、言語が通じない、警察は袖の下を要求してくる。果たして自分はこのアウェイの地でトラブルを解決することができるのだろうか。読みながら夢想してしまいます。

失踪した彼女を助けると聞くと少年誌的展開であれば、見事悪を討ち滅ぼして大団円といったところでしょうが、グロテスク表現を用いた作品ということを前提にすると、そううまくことは運びません。もしかして最悪の展開かもと思いながら読むのも一興ですね。

また、著者自身がタイへ旅行したときに着想したもののようで、ご当地ネタも盛り込まれ、現地の猥雑な雰囲気が伝わる描写も一つの見どころ。

ミステリー作家らしく、少し斜め上の結末が用意されているのも良いです。デビュー作『死亡フラグがたちました』の続編は、少し期待しすぎたのかなという思いもありました。一芸に秀でたという作品ではありませんが、本作は失踪ものサスペンスとして、なかなか読み応えのある作品となっています。

オススメ度 ☆☆☆

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>