読書アイキャッチ

『火花』 著:又吉 直樹(ピース)

hibana

芥川賞とは、正式には芥川龍之介賞といい、純文学の新人に対して贈られる賞です。対して、直木賞とは、正式には直木三十五賞といい、無名・新人及び中堅作家に対して大衆小説の文学賞として贈られるものとされています。

本作は、第153回芥川賞を受賞した作品です。

専ら大衆小説を好んで、半分暇つぶしのように読んできていましたが、常々考え続けていた”純文学とは何ぞや”という問い、これに対する回答が得られるのではないかと思い、脳みその片隅にあった忘れ物を引っ張り出すように、本書を手に取ってみた次第です。

純文学に分類される作品を読むのは、この作品が初めて、という方も多いのではないかと思います。

本作は、お笑いコンビ・ピースの又吉直樹氏によって書かれたものであり、やはりテーマはお笑いなのです。芸能人と呼ばれる方々が書く作品というのは、読む前からあまり期待できないということは誰しもが思うところなのですが、本作に関していえばその期待を大きく裏切り、この作品は本物の作家が書いていると断ずるものに仕上がっているように思えました。

(純文学など読んだこともないのに偉そうに書いて申し訳ありませんが。)

お笑いコンビ・スパークスの徳永。お笑いコンビ・あほんだらの神谷。この二人を軸に、お笑いのあり方、苦悩、悲哀、そして楽しさを表現しようとするのがこの作品です。けしてサクセスストーリーではありません。おそらく又吉氏自らの苦しみや下積み時代の苦労を糧に描かれたものであろうと思います。

神谷は孤高の天才。常に他人とは違う笑いを追及していく一見すると浮世離れしているようなそんな人間です。徳永は、花火大会で神谷と知り合うことになるのですが、他人とは違う笑いを追及しようとする神谷の姿勢に憧れるようになります。神谷は、自分の伝記を書くように徳永に命令し、徳永はこれを快く請けるのです。なにやら可笑しな関係です。そうして伝記を書くための徳永の眼を通して、神谷の”お笑い”への姿勢が読者の前に露にされていきます。

水嶋ヒロさんが「KAGEROU」を出版したときに、「峻烈」という言葉を用いて評価された方がいましたが、「峻烈」というのはこの作品のようなものを表現するときに用いるべきでしょう。徳永・神谷の言葉や想いを通じて、お笑いに賭ける想いが膨大な熱量をもって襲い掛かってくるのです。

引用するのももどかしいですが、

「笑われたらあかん、笑わさなあかん。って凄く格好良い言葉やけど、あれ楽屋から洩れたらあかん言葉やったな。」

「あの言葉のせいで、笑われるふりが出来にくくなったやろ?あの人は阿呆なふりしてはるけど、ほんまは賢いんや。なんて、本来は、お客さんが知らんでいいことやん。ほんで、新しい審査の基準が生まれてもうたやろ。なんも考えずに、この人達阿呆やなって笑ってくれてたらよかったのにな。お客さんが、笑かされてる。って自分で気づいてもうてんのって、もったいないよな。」(電子版P43)

このあともちろん”オチ”がついていますけど、お笑いへの鋭い指摘をお笑いをしながらやるという巧妙な技です。二人とも漫才コンビという設定なので、何気ない会話にもぼけとつっこみがあって、軽妙な掛け合いが癖になります。

「ネットでな、他人のこと人間の屑みたいに書く奴いっぱいおるやん。作品とか発言に対する正当な批評やったら、しゃあないやん。それでも食らったらしんどいけどな。その矛先が自分に向けられたら痛いよな。まだ殴られた方がましやん。でも、おかしなことに、その痛みには耐えなあかんねんて。ちゃんと痛いのにな。自殺する人もいてるのにな。」

「はい、僕も狂ってると思います。」

「だけどな、それがそいつの、その夜、生き延びるための唯一の方法なんやったら、やったらいいと思うねん。きついけど、耐えるわ。(略)」(電子版P82)

かとおもいきや、オチはないけれど、真摯にお笑いに取り組む神谷の様子が描かれていたり。

本人自身も、膨大な量の読書をこなす読書家。それによって培われた地の文も、音数律というかリズム感が良く、私が勝手に持っていた「純文学」の負のイメージを払拭するものでした。

大衆文学を専ら読む人や普段書物から離れた生活をしている方もいるでしょう。そういう方にはやや拒絶反応がでるかもしれない表現を多用されているようにも思います。しかしながら、それを補って余りあるほど、「芸人の世界のことを知ってほしい」という氏の言葉どおり、それに値する峻烈な作品だったのではないかと思います。

オススメ度 ☆☆☆☆

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>