読書アイキャッチ

『天久鷹央の推理カルテIV: 悲恋のシンドローム 』 著:知念 実希人

takao4

知念実希人さんの『推理カルテ』シリーズの最新作となります。

3作の連作集と1作の長編を経て、天久鷹央シリーズ連作集の第4作目が刊行されています。

このシリーズは、「医療」をテーマにしたミステリー小説です。

医療をテーマにすると、医療過誤や医療裁判、臓器売買などという血なまぐさい題材が選択されがちで、比較的医業の闇を暴くスタイルの作品が多いなか、文庫のレーベルや透明感のある表紙からも分かるように、非常に軽い切り口で医療を扱った作風です。

爽やかな読後感。

 主人公は、若手医師。
 どうミステリーに繋げていくのかというと、彼の上司が非常に特殊な人物なのです。

 天久鷹央。
 彼女は、二十代で総合病院の副院長を務め、『統括診断科』に属し、病名不詳な患者さんや、厄介な患者さんを専門に診察しています。その厄介な患者さんが連れてくるのが、病気だけではなく『謎』だったりして、天久鷹央は『謎』が大好物だったりするのです。

 探偵助手もののミステリーとしてはオーソドックスな設定ですが、舞台が病院なので起こる事件も比較的真新しい切り口のものが多く、新鮮。

 普通のミステリー小説では、過去の名作の類似手法で筋道に推測が立つような作品もありますが、医療現場でも珍しいような症状を題材にされると、読者側は想像に難いので、なんというか、少しアンフェアな感情を抱きつつも、先の展開が気になってくるという居心地の悪さに包まれます。

 医療をテーマにしただけあって深く考えさせられる重い話もあり、本作の『瞬間移動した女』は、性を扱った繊細かつ重厚なものでした。ミステリーとしての完成度も高く、人気が高いのもうなずけます。

 天才だけど欠点の多い鷹央と、嫌々ながら鷹央の謎好きに巻き込まれていく主人公。キャラクター的としても魅力的で、長く続いて欲しいシリーズの一つです。

オススメ度 ☆☆☆

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>