読書アイキャッチ

『夢幻花』 著:東野 圭吾

mugenbana

『夢幻花』。
見つけても決して追いかけてはいけないという謎の花の物語です。

東野圭吾の文庫版最新作が刊行されました。
いろいろな小説を読んできましたが、やっぱり東野圭吾の小説は読みやすい。本作は、宿命を背負う二人の素人探偵が『夢幻花』という謎の黄色い花を追い求めるというストーリーです。

思わせぶりなプロローグから始まり、何の変哲もない平凡な大学生の日常が、とある事件を境にサスペンス風に変化していくのは東野小説の真骨頂。

花を愛でながら余生を送っていた老人・秋山周治。正義を重んじる彼は自宅で殺害される。周治の遺体を発見した孫の梨乃は、周治が生前育てていた”黄色い花”をブログにアップロードすると、ブログに”警告”メッセージが投稿される。

梨乃は、”黄色い花”の謎を、大学院生の蒼太とともに追い求めることになるのです。

ストーリーとしては、いくつもの事件が絡み合って収束していくいつもの東野ワールド。登場人物たちの役柄や犯人の意外性は及第点、というと上から目線すぎますけど、それなりに興味深いもの。

今回のキーワードは”黄色い花”。実際にこのような花が存在したのかは知りませんけど、ともすれば都市伝説を追いかけるようなオカルティックな雰囲気は少し珍しいかも。

ストーリーは、梨乃と蒼太を主人公に置いた若者視点と、所轄の刑事・早瀬の視点で進められます。若さならではの猛進な捜査と、駆け引きを多用する老獪な捜査。二つの視点から謎を追う過程が楽しめます。

この物語のもうひとつのテーマは宿命。
50年前の”MM事件”との関係は?
”黄色い花”と蒼太の初恋の人との関係は?
読み進めていくうちに、謎が増えに増えて収拾がつくのか不安になりますが、そこは流石といったところです。

エンターテインメントとしては面白いけれど、後に何も残らないよね、という話をよく聞く東野作品。
私は面白ければいいじゃないのと思いますけどね。素直に楽しみましょう。

オススメ度 ☆☆☆

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>