ラノベ

一言感想『僕と彼女のゲーム戦争9』 著:師走 トオル

game9

『僕と彼女のゲーム戦争9』が刊行されているのでご紹介しましょう。

もちろんライトノベルです。本シリーズの特徴は、実在するゲームが登場するということです。本シリーズの世界観は現代を踏襲しているものの、”ゲーム”というものが一定の市民権を獲得しており、プロゲーマーやeスポーツとして一般に広く認知されているという点でしょう。

主人公は高校生。部活動を舞台にした青春系エンタメものです。
ゲーム初心者だった主人公の岸嶺が、『ゲーム上級者』とは何か?という疑問に到達するという展開です。

シリーズものにありがちではありますが、全体のストーリーの進度は遅々として進みませんから、サザエさん的世界観を持ち合わせているのかとも疑いましたが、次回作で完結するとのことですから、時間軸は進行しているようです。

肝心なゲームは、本作においては以下の実在するゲームが取り上げられています。

EVEonline。ダウンタウン熱血行進曲。EVOLVE。

EVEonlineは、SF系MMOを名乗るゲームで、25,000年後の遠い宇宙を舞台としたものです。本作では、サブレギュラーであるライバル高の面々と戦う場面で用いられました。プレイしたことはありませんが、『7000以上ある星系からなる広大な銀河で構成された世界でプレイヤーは艦船を操って飛び回り・・・(以下略)』と壮大な様子。時間泥棒確実なので、あえて触れたくありません。

ダウンタウン熱血行進曲といえば、言わずと知れた『くにお君』シリーズの名作。近年PS3版でリメイクされました。30代付近の方であればプレイしたことがあるかもしれませんね。懐かしいです。

EVOLVEに関してもプレイしたことはありません。様子を見る限りモンスターハンターのような感じのゲームです。ただし、モンスターの操作も人が行うという特徴があり、ここに戦争的な要素があるようですね。今回のストーリーでは、このゲームのプレイ中に岸嶺が『上級者とは何か』という問いに対する一つの答えを導き出すことになるのです。

どれも実に楽しそうな作品で、寝不足は請け合い。特にマルチプレイ系のゲームは危険です。20年前とはゲームの楽しみ方が変わってしまいました。ゲームボーイを持ち寄って、有線コードで繋いでいた時代もありました。

各ゲームのポイントを緻密に描写しており、プレイしたことのない人間にも想像しやすいよう計らいがあります。専門用語が多く使用されるゲームでも、邪魔にならぬ程度に解説し、読む側への配慮が伺えます。
このシリーズの見所である主人公の特殊能力。突出した集中力を発揮し、ゲームの世界へのめり込むという能力ですが、本作ではあまり出番がなく、少し物足りない感じがします。これを見るために買ったと言っても過言ではないのに。

先ほど述べたように、次巻で完結。実在ゲームを取り扱うという点においては貴重な作品でしたので非常に残念です。最終回でヒロイン候補の3人と、どのような結末を迎えるのか。ハーレム的要素も盛り込まれていたこの作品。あと一冊でどのようにまとめるつもりなのか気になるところです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>