実用書

『読むだけですっきりわかる日本史』 著:後藤 武士

世界のなかでも類い稀なる急成長を遂げてきた国、日本。この国の歴史は、良い時代、悪い時代それぞれに生きた先人達の、貴重な体験談の宝庫である。私たち現代人にとっても、人生をよりよく生きるためのヒントが満載だ。本書は、その歴史を完全網羅。そして、教科書では取り上げられない目からウロコの意外なエピソードも紹介。漫画のようにすらすら読めてクセになる、楽しい日本史決定版。

久々に実用書を手にとってみました。

日本史の書籍です。
シリーズ化されており、他にも経済や地理に関して書かれている本があるよう。

独特の語り口で、日本史を論じています。
中学受験生や高校受験生向けなのかもしれませんが、小学生を相手にするような語尾を使用されているし、少し難しい言葉があると、態々解説をしてくれているので、ちょっと冗長に感じる読者もいるかもしれません。

学生時代には、日本史を学習したけどそれ以来ほとんど触れてこなかったので、全てが懐かしい情報に溢れかえっていました。

この本の工夫は、歴史の流れが非常に分かりやすいということ。
年号や出来事を箇条書きで覚えてしまうのではなくて、藤原の何某がこうなったから、何某は相手側の勢力に寝返ったのだ、など理解しやすいよう従来の(我々が学生だった頃の)教科書には見られない様々な工夫が凝らされています。

史実かどうか定かではないエピソードも、念のためそのように記載してくれていたり、歴史の授業の無駄話までカバーする良書、なかなかあなどれない本です。

歴史モノといえば、重厚で温かみのない書籍が多く、序盤の石器時代で読みとめてしまうパターンが多いですが、本書は分かりやすく噛み砕いて書かれており、その点でも不安はありません。エンタメ系小説を読んでいるかのような軽快な感じです。

語尾は気になりますが、その点に何も感じるところがなければ良書です。
分量も文庫1冊程度ですし、実用的かつ趣味性においても有用な一冊でした。

とてもオススメ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>