ラノベ

一言感想『ソードアート・オンライン アリシゼーション・エクスプローディング』 著:川原 礫

人界暦三八〇年十一月。
アンダーワールド全土を混沌に巻き込む≪最終負荷実験≫の幕が上がる。
暗黒神ベクタことガブリエル・ミラー率いる侵略軍50,000に対するは、整合騎士ベルクーリ率いる人界守備軍3,000。
≪霜鱗鞭≫のエルドリエ、≪熾焔弓≫のデュソルバート、の副団長・≪天穿剣≫のファナティオら整合騎士は、数的劣勢を跳ね返すべく奮闘を続けるが、敵軍の尖兵たる山ゴブリン族は奸計を用いて防衛線をすり抜け、後方の補給部隊を狙う。心神喪失状態のキリトを守る少女練士ロニエとティーゼに危機が迫る。

更に、侵略軍一の奸智を誇る暗黒術師ギルド総長ディー・アイ・エルもまた、恐るべき大規模術式によって守備軍の殲滅を図る。対する守備軍の総指揮官、整合騎士長ベルクーリがとった作戦とは……。そして、現実世界からアンダーワールドへログインしたアスナの行方は――!

ソードアート・オンラインの最新刊が刊行されています。
「ソードアート・オンライン アリシゼーション・エクスプローディング」 です。


前作から少し間があいたので内容がちょっと思い出せません。
アリシゼーション編は、SAOのシステムをベースとした仮想空間で、防衛省が新しいAI<ALICE>の研究をしている、といった背景だったように記憶しています。

例によって、その騒動に巻き込まれれしまったキリトさんは、仮想空間内でできた相棒とともに仮想空間の支配者を打ち破りました。(確かこれが前々巻までの話。)

その後。
仮想空間内(ここではアンダーワールドと呼ばれています)が、この中に新たに外部からリアル世界の人間が進入してきます。
キリトたちのいる人界と、いわゆる魔物たちの集まるダークテリトリーという勢力が対立し、ついに互いの軍勢が衝突する大戦争が始まる、というのが本作です。

キリトさんは、主人公なのに相変わらず精神が壊れてしまって自力で発声することすらできない状態にあります。主人公が何巻もこんなんでいいんでしょうか。
まぁキリトさんは相変わらずなのですが、見所は多数。
これまで、キリトさんと相対していたベルクーリをはじめとする”整合騎士”たちは人界側なので当然すべて味方です。これは心強い。

 圧倒的物量差にものを言わせて攻めてくるダークテリトリー側に対して少数精鋭で対抗する騎士たち。
各騎士に見せ場があり、その心の内には守るべきものがあっての戦いであることが細やかに描かれます。胸が熱くなりますね。

騎士たちの奮闘・犠牲によりなんとかダークテリトリーの攻撃を凌げているという状態に、人界側にある一人の人間が降臨します。
ついに閃光のアスナがスーパーユーザーとして権限を与えられた状態で登場します。人界側にとっては最後の切り札といえるでしょう。

 
あっさり終わらせるのかと思いきや、アリスやロニエたちと、キリトを巡って小競り合いなんかを始めてしまったり。遊びの要素も盛り込みつつ、クライマックスへ向けて物語が展開していきます。

ガチガチのシリアスで、さっきまで命のやり取りをしていたところで、いきなりコレ。
この軽さがラノベのいいところですね。

次回は決着かなぁ。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>