読書アイキャッチ

『禁断の魔術』 著:東野 圭吾

高校の物理研究会で湯川の後輩にあたる古芝伸吾は、育ての親だった姉が亡くなって帝都大を中退し町工場で働いていた。ある日、フリーライターが殺された。彼は代議士の大賀を追っており、また大賀の担当の新聞記者が伸吾の姉だったことが判明する。伸吾が失踪し、湯川は伸吾のある“企み”に気づくが…。
シリーズ最高傑作!


『虚像の道化師』に引き続き、東野氏の探偵ガリレオシリーズ『禁断の魔術』が文庫化されています。シリーズ最高傑作と名高い本作。どのような内容なのでしょうか。

ガリレオシリーズといえば、”科学”×”ミステリ”。
本作でも、科学を応用したとある装置が登場します。

高校の物理研究会に所属していた古芝は、来年の物理研究会の新入生の勧誘のため、OBである湯川に助けを求めます。
後輩のために、一肌脱ごうと母校へ寄り、力を貸すことにしました。そして今回の事件のメインとなる「装置」が完成するのです。

事件は、とある記者が殺害され、事件の陰に古芝の存在があることが分かります。
友人であり、刑事でもある草薙に問いただされる湯川は、「古芝君が殺人事件にかかわっている可能性はゼロだという考えに変わりはない。」との考え。
湯川がいったい何を知っているのか、やきもきする展開です。

本作では、湯川の持つ科学への姿勢・理想が語られます。
その姿勢からすれば、師である湯川が、弟子が誤った方向へ進もうとしているときに、どのような形で責任を取るのか。どのような覚悟で責任を取るのか。クライマックスで全てが明らかになりますが、一番の見所でした。

展開もスピーディで、毎度のとおり読みやすいです。
本作は、政治家が絡んできますのでこの陰謀渦巻く雰囲気もなかなか良い。

先が気になる、という点ではミステリとしても成功でしょう。

長編自体が数少ないガリレオシリーズですが、シリーズ最高のガリレオという言葉は、嘘というわけでもありません。
最高のラストでした。

「科学技術は、良いことだけに使われるわけではない。要は扱う人間の心次第。邪悪な人間の手にかかれば禁断の魔術となる。科学者は常にそのことを忘れてはならない――」

湯川の言葉。


オススメ度 ☆☆☆☆

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>