読書アイキャッチ

『名探偵の掟』 著:東野 圭吾

完全密室、時刻表トリック、バラバラ死体に童謡殺人。フーダニットからハウダニットまで、12の難事件に挑む名探偵・天下一大五郎。すべてのトリックを鮮やかに解き明かした名探偵が辿り着いた、恐るべき「ミステリ界の謎」とは?本格推理の様々な“お約束”を破った、業界騒然・話題満載の痛快傑作ミステリ。


今更ですが、東野 圭吾『名探偵の掟』を再読しました。

ぶっとんだ小説です。本人いわく

「何を出しても売れなかった頃、やけくそで書いたのが本書だ。読者に一泡吹かせてやろうと思い、小説のルールは全て無視した。」

ということで、本編はというとこれが面白い。
体裁は本格ミステリという形で、名探偵・天下一大五郎と、大河原警部の二人が主人公となって様々な事件に立ち会うという形式です。

この大河原警部が語り部となって物語を進めていくのですが、プロローグからこんなことを言っています。

「つまり私は天下一探偵シリーズの脇役なのである。名探偵ものには必ずといっていいほど、見当はずれな推理を振り回す刑事が登場してくるが、その道化を演じるのが私の役どころだ。」

と自分が小説の世界にいることを自覚しながら、
「脇役は決して真実に近づいてはいけない」だの「最近のミステリはワンパターンである」などと好き勝手のたまうのです。

密室もの、アリバイトリックもの、バラバラ死体、見立て殺人など古今東西のやりつくされたミステリのメインテーマを揶揄しながら、一ひねり加えた作品に仕上がっています。

伝統的なミステリを書き続ける作家や、ひいてはミステリ好きな読者までも批判しながら、天下一探偵と大河原警部は大暴走するのです。
幕引きも一味違って、本格ミステリに飽きたら一度は読んで欲しい作品ですね。

オススメ度 ☆☆☆

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>