ラノベ

一言感想『僕と彼女のゲーム戦争 7』 著:師走 トオル

ゲーマーたちが最も熱くなる季節、夏。岸嶺たち現代遊戯部のメンバーは、ゲーム大会への参加を繰り返していた。そんな中、部員たちと比べて実力不足を感じていた岸嶺は、デバッグのアルバイトを通じて知り合ったプロゲーマーのもとへ教えを乞いに行くことを決意する。そして個人修業を終えて挑んだゲーム大会。夏休みということもあり、社会人が多数参加していたその大会には、かつて岸嶺たちと戦ったこともあるチャンピオンが強力なメンバーを率いて参加していたのだった。今回のゲームはFPS!強敵だらけのゲーム大会で岸嶺が覚醒する!?

ライトノベル『僕と彼女のゲーム戦争』の第7巻です。

本作は、主人公岸嶺が「ゲーム部」に入部し、その部活動を描いたライトノベルです。
この世界観では、「ゲーム」が一定の市民権を獲得しており、世間では斜陽となりつつある現在よりも活発にゲームイベントなどが行われているという設定です。

前作までにもFPSや格闘ゲーム、パズルゲームなど様々な実在のゲームがテーマとして取り扱われ、綿密な取材に基づいて物語に織り込まれていました。
本作では、ゲーム開発に欠かせない「デバッグ」と「ゲーム部の廃部」というテーマが掲げられ、その中で岸嶺は奮闘します。

本作で取り上げられたゲームは再びFPS。
「バトルフィールド4」です。簡単に言うと銃を持ったり、戦車に乗ったりしてドンパチやるゲームです。残念ながら私はプレイしたことはありませんが・・・。

取材に基づいたライトノベルなので、開発者あるあるネタやゲームの裏技・テクニックなども盛り込まれ、存外面白いものになっています。自分がゲーム業界に興味があるためかもしれませんが。

しかしながら、裏技やテクニックに関しては、テーマとなっているゲームをプレイしている人には当たり前のことを書いているだけなのかもしれません。細かいことはわかりませんが、本作では実際にプレイをしたことのない人間が読んでも、それがどういう種類のゲームなのか、どういう部分を楽しむゲームなのか、ということがわかるように説明されているという観点からすれば、豊かな表現力であるということになるでしょう。

本作ではこれまで初心者として扱われてきた岸嶺が、一皮向けて成長した様が描かれました。
今回は、岸嶺をめぐる女子同士の駆け引きにスポットが当てられませんでしたので、少し物足りない感じがしました。ああいうお約束というのもいいものです。

ライバルゲーマーとの争いも激化しそうですし、ゲーム部内の岸嶺争奪戦も棚上げされた状態です。次巻あたりから盛り上がりそうな予感がしますね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>