読書アイキャッチ

『ビブリア古書堂の事件手帖6 -栞子さんと巡るさだめ-』 著:三上 延

太宰治の『晩年』を奪うため、美しき女店主に危害を加えた青年。ビブリア古書堂の二人の前に、彼が再び現れる。今度は依頼者として。違う『晩年』を捜しているという奇妙な依頼。署名ではないのに、太宰自筆と分かる珍しい書きこみがあるらしい。本を追ううちに、二人は驚くべき事実に辿り着く。四十七年前にあった太宰の稀覯本を巡る盗難事件。それには二人の祖父母が関わっていた。過去を再現するかのような奇妙な巡り合わせ。深い謎の先に待つのは偶然か必然か?

剛力彩芽がヒロインを演じることに賛否(というか大半がイメージに合わない、という批判だったように思いますが)あり、ドラマ化が話題となった『ビブリア古書堂』シリーズの最新刊が発売されています。

本シリーズは、ヒロインでもあるビブリア古書堂店主の篠川栞子が、古書に関する深い知識と洞察力をもって、古書を巡る謎を解決していくという”本格”ミステリです。

物語は、ビブリア古書堂の店員で、栞子さんと前作でようやく念願の恋人関係となった五浦大輔の視点で語られます。

彼は、重度の読書アレルギー。活字を長時間読んでいると眩暈がしてくるという体質。それでも本は好きなので栞子さんに本の内容を説明してもらいながら、古書店を二人で切り盛りしています。

ここだけ聞けばほんわかした古本屋の日常、という感じですが彼らの周りにはトラブルメーカーが多数います。そうしたトラブルメーカーが引き連れてくるトラブルを二人で解決していくことが、本シリーズの大きな流れです。

本作は、太宰治の著書『晩年』をテーマに一冊まるまる長編ミステリとして構築しています。
太宰ファンはもちろん、
よく知らない方でもわかるように解説されています。

このシリーズの良いところは、”謎”が明確なこと。
謎が明確というのも矛盾しているような感じがしますが、もっとも重要な謎は何なのか、という点について古書に関しては素人である大輔の視点から語られることで、読者をうまく誘導します。

そのために、謎があって謎解きがある、という本格ミステリとしての構造に読者が溶け込みやすく、ライトノベルのような感覚で楽しめるのではないかと思います。(私も含めて)

ストーリーも、第1作から連なる伏線に本作でようやく触れ、大きな転換点を迎えました。
どんでん返しという程ではありませんが、それなりに意外な結末でもあり、トリックや密室が出てくるわけではありませんが、古書ファンだけでなく本格ミステリファンとしても充分楽しめる作品になっています。

栞子と大輔の恋愛模様もある程度決着が着き、描きたかったであろうビブリア古書堂の過去の因縁についても本作で語られました

著者あとがきによると、次巻もしくはその次で完結するということです。
古書をテーマにするという制限を受ける作品の中で、よくここまで”ミステリ”という立場を維持しつつ、良作を生み出し続けられるなあと、素直に感心します。

オススメ度 ☆☆☆☆

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>