読書アイキャッチ

『これは経費で落ちません ~経理部の森若さん~』 著:青木 祐子

keihi

自らの職業と近しいテーマを取り扱われた書籍を見つけたときに、多くの読書家の方々はとりあえず手に取ってみるのではないでしょうか。

正直に申し上げて、この本に関しては特段トピックというほどのものもなく、経理部に勤めていたというだけの理由で衝動的に買ってしまったものです。

タイトルのとおり、中小企業の経理部に勤務する女性経理社員の日常をベースにした小説です。

経理部。入社五年の二十七歳。彼氏いない礫=年齢だが、過不足のない現在の生活は完璧だ、とさえ思っている、そんな森若さんがこの物語の主人公。

経理部で起こる業務上のあるあるをネタにした短編集です。頼りにならない上司、にぎやかな後輩。設定もそれほど突飛なものではなく、淡々と日常を浚っていくような作風。自分が勤めていたときの風景とはかけ離れていたので、こういう経理部もあるのだなぁと遠い目をしてしまいました。

作品自体には起伏が少なく、盛り上がりに欠けると申しますか、一経理課員の日常を描いた作品なので、普通に考えると掘り下げたところでこんなものか・・というところはある意味リアルかもしれません。

キャラクターが弱いことも気になります。主人公の友人の女性研究者ですが、あまり物語に絡まないのが惜しいくらいのキャラクター性でした。(後で調べるとこの作品より前に出たシリーズ巻があるのですね)

それなりにほんわかした気分には浸れた気がしますが、経理部あるあるネタ自体を共感して楽しもうとお考えでしたら、そういった内容ではないのかもしれません。経理部と営業部の領収書をめぐる仁義なき戦いは語られません。残念ながら。

池井戸潤さんの作品のような、激しく雌雄を決するような物語に食傷気味だという読者の方がいれば、よい箸休めになりそうです。

オススメ度 ☆☆

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>