読書アイキャッチ

『緑の毒』 著:桐野 夏生

39歳の開業医・川辺。妻は勤務医。一見満ち足りているが、その内面には浮気する妻への嫉妬と研究者や勤務医へのコンプレックスが充満し、水曜の夜ごと昏睡レイプを繰り返している。一方、被害者女性たちは二次被害への恐怖から口を閉ざしていたがネットを通じて奇跡的に繋がり合い、川辺に迫っていく―。底なしの邪心の蠢きと破壊された女性たちの痛みと闘いを描く衝撃作。文庫オリジナルのエピローグを収録。

 

『グロテスク』。
その衝撃的なタイトルと、まとわり付いてくるような粘着質なストーリー展開で、夢中で読み込んだものでしたが、その著者・桐野氏の文庫が刊行されていたので、手に取ってみました。
本作のタイトルは、『緑の毒』。タイトルから”何か”を感じさせるような雰囲気を醸し出していたので、衝動的に買ってしまったのは、書店の策略にはまったのかもしれません。

『グロテスク』では、エンターテインメント性よりも文学性に重きを置いた作品であると同時に、陰鬱な雰囲気が終始漂っていたので、読む人を選ぶ作者だなぁと思ったものです。
本作もその片鱗が感じられます。

主人公は、中年の開業医・川辺。
彼の趣味は、鍵の開いた部屋を物色し、女性に薬
を注射したうえで昏睡レイプを行うこと。胸糞悪い性癖をお持ちの主人公ですが、美貌の妻との生活もうまくゆかず、病院経営も彼の愛想の悪さから下降線をたどり始めることになります。

そして、ついにインターネットを通じて知り合った、川辺の被害女性たちが、手がかりを集めて川辺に迫っていくことになるのです。
川辺の破滅まで描いてくれたので、それなりの終わり方にはなっています。エピローグを文庫版で追加したということですので、ハードカバー版はどうだったのでしょうね。少し気になります。

本作は、レイプという犯罪を取り扱っているわけですが、一昔前に流行したいわゆるスイーツ小説のような類のものではなく、どちらかといえば主人公・川辺の目線から描かれ、川辺の鬱屈とした精神を著した男くさい小説です。
桐野氏は女性作家なのですが、レイプ犯の内面を書き上げるというのは、高いハードルだったのではないかと勝手に想像しています。
『グロテスク』に比べますと、分量も少なめであっさりとした読み味となっていますので、長編を読むのが苦手な人であろうとも、特段苦痛を感じるような内容ではありません。

これが”桐野ワールド”という世界なのでしょう。とことん堕ちていきたい気分のときにでも読んでみると共感できるのかもしれません。

オススメ度 ☆☆☆

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>